2016年01月31日

毎日新聞 著者インタビュー掲載
ラジオ日本 峰竜太の『ミネスタ』出演報告

■本日、1月31日 毎日新聞で新作の著者インタビュー記事が掲載されました。本文4段B5サイズの大きな扱いです。

毎日新聞全国版・家庭面


インターネットでもご覧頂けます。

インタビューと撮影は毎日新聞東京本社で行われました。取材は小川節子編集委員です。
健康長寿を夫婦の親密性、気質や生きがいなどとの関わりで語っています。お茶と長寿の関係を医科学的な根拠で示し、「お達者度」の高い茶どころ静岡県川根本町の取り組みを紹介しました。

また、華齢なるカップルが壮年期の危機を転機に如何に変革できたか。今、“断崖愛”(崖っぷちの愛)を生きる団塊世代の夫婦関係と50~60代の変革、「転婚」を語る濃い内容です。

■1月26日(火)、ラジオ日本 峰竜太の『ミネスタ』に出演しました。生放送中にカシャ!

向かって左から、アシスタントの半田あいさん・中央公論新社編集副主幹三木哲男さん・私・峰竜太さんです。

三木さんは『婦人公論』元編集長。拙著は2014年の『婦人公論』の連載がきっかけで、単行本書下ろしが決まりました。関わりが深いのです。峰さんはご自身も60代。壮年期の夫婦の転換と健康長寿の話に興味津々。半田さんはとってもチャーミングなお嬢さんで、スタジオは大盛り上がりでした。
posted by noriko-motooka at 06:00| コラム

2016年01月10日

新刊リリース!

160113.jpg

 時代はアラハン!(Around 100 Hundred)


本日、『100歳夫婦力! 二人で始めるピンピン・キラリ』(中央公論新社刊)発売です。

本書には、健康・元気・ごきげんなアラハンご夫婦10組が登場。食・運動・生活習慣・生きがいなどをインタビューし、健康長寿の秘密に迫ります。さらに、アンチエイジング食材・効果的な運動法・歯と健康の関係・お達者度ナンバーワンの町の取り組み等、専門家へのインタビューも充実。各種の大規模追跡調査から、気持ちの持ち方や、夫婦の関係性が長寿に繋がっているということが明らかに――。事例に加え、科学的な面からも、「長生き」を解析します。
*   *    *    *    *    *    *    *
本書は華齢なる人々の気質と長寿、夫婦の関係性に焦点を当て、やがて「人生百年超え時代」を手探りで生きることになる壮年期の心得を当事者や専門家への取材を通じて、考察を試みた作品です。
 
長寿を「夫婦」という関係性で切り込んだ恐らく初めての本だと思います。3年の歳月を掛け、取材カップルは20組、その内の10組に登場頂きました。

また、ご長寿夫婦健康本というだけでなく、壮年期の危機を転機に如何に変革できたかを記し、“断崖愛”(崖っぷちの愛)を生きる団塊世代の夫婦関係、50~60代の変革、「転婚」を説く内容も加味しました。
 
「専門家に聞く」のページでは、抗加齢医学、女性医学、疫学研究などの最前線に立つ先生方への取材を通じて、健康長寿に最低限のもっとも必要なことだけを医科学的なエビデンスに基づき書きました。

これまでの高齢者のイメージを覆す希望に満ちた内容になっています。
本書が健康と長寿の知恵を求める方々に一筋の光を届けることができましたら幸いです。
posted by noriko-motooka at 00:00| コラム

2016年01月01日

新年のご挨拶
1月10日 新刊リリース!

新春のお慶びを申し上げます


時代はアラハン!(Around100Hundred)


夫婦で健康長寿≠フ秘密に迫る!新作をお届けします。
『100歳夫婦力! 二人で始めるピンピン・キラリ』(中央公論新社刊)1月10日発売。
時代は、アラハン(around hundred)! 百寿者(100歳以上の人)はこの半世紀で300倍に激増していますが、「平均寿命」と「健康寿命」(自立して生活ができ、日常生活に制限のない期間)の差は広がっています。認知症や寝たきりにならず、健康に長生きするためには、どうすればよいのか? 

本書には、健康・元気・ごきげんなアラハンご夫婦10組が登場。食・運動・生活習慣・生きがいなどをインタビューし、健康長寿の秘密に迫ります。さらに、アンチエイジング食材・効果的な運動法・歯と健康の関係・お達者度ナンバーワンの町の取り組み等、専門家へのインタビューも充実。各種の大規模追跡調査から、気持ちの持ち方や、夫婦の関係性が長寿に繋がっているということが明らかになり――事例に加え、科学的な面からも、「長生き」を解析します。
*   *    *    *    *    *    *    *
3年の歳月。全国に「華齢なるカップル」を探して旅をしました。
戦争の時代に結ばれた夫婦それぞれのお話は、極限の生と死、互いへの愛情がほとばしり、語り尽くせぬ物語を背負って生きた夫婦の姿が鮮やかに浮かび上がりました。幸せは伝染します。私もいのちの力を頂き、幸せな幾多の時間を共有させて頂きました。

また、老化の原因・健康増進のストレッチ・糖化を防ぐ食事・歯の健康が全身に及ぼす影響・お茶の効用・気質と健康など、誠意溢れる専門家の先生方のアドバイスに助けられながら取材を進めてこられたことも幸運でした。

「楽天的で自立した気質こそが健康長寿の大きな要因に違いない」。長い取材を終えてそう思います。いかに健康を維持したかではなく、いかに生きたか。生きる姿勢、共に生きる他者への思いやり、労り、共助の姿勢こそが、2人で長寿を実現できた原動力だと感じます。

華齢なる人々の気質と長寿、夫婦の関係性に焦点を当て、やがて「人生100年超え時代」を手探りで生きることになる壮年期の心得を当事者や専門家への取材を通じて、わずかばかりの考察を試みた作品です。一人でも多くの方にお読み頂ければ幸いです。
                                 
わたくしはこれからもいのちの物語を紡ぎ続けます。
あなた様にとって新しい年が良い年になりますよう、お祈り申し上げます。今年もよろしくお付き合い下さいませ。

2016年 元旦
ノンフィクション作家
本岡 典子

posted by noriko-motooka at 00:00| コラム